nonkichiママのお弁当日記

子供達との時間を綴っています

黒谷和紙・紙すき体験

先日、実家に帰省した際に、"黒谷和紙”の紙すき体験へ行って来ました

姉妹は二回目、長男は初めてです 

これが、紙の原料となるもの

20139201.jpg

こちらの"こうぞ”から、原料は作られます

201392012.jpg


"トロロアオイ”から採った"ネリ”

20139207.jpg

これが不思議な感触で、手を入れるとさらりとしているのに、粘り気があるんです

少し、洗剤に近いかな 

 「誰からする?」

真っ先に挙手した長男です

20139202.jpg

次女は、前回幼稚園だったので、随分安定しました

20139203.jpg


色付けも、和紙の原料に色を付けたものだそう

20139205.jpg

チビちゃん組は、"付けなきゃ損!”みたいに色付けしていたのが面白かったです 

もう一度、原料を重ねたら・・・

20139204.jpg

出来上がり(長男・作)

20139206.jpg


3~一週間(天気による)天日干しして出来上がりです

自宅に届くのが楽しみ~ 

その後は、黒谷和紙の歴史や作品を見たり、

実際の作業の風景も見学させていただきましたよ

201392010.jpg

し~んとした中で、黙々と続けられている姿が印象的でした 

201392011.jpg

近隣の小学校では、自分の卒業証書を自身で作るんですよ~

羨ましいです 


ちなみにこちらの工房、廃校になった小学校を使用しています

子供達は、木造校舎が初めてかも~

雰囲気があって、なかなか素敵 

20139208.jpg

衝撃的だったのが、これが鍵だと分からなかったこと 

20139209.jpg

そう言えば、ダイヤル式の電話を見て"どうやってかけるん?”って不思議がっていたもんねぇ

公衆電話の"テレフォンカード”の入れる場所も分からなかったからね 

世代の違いを感じます・・・




ご訪問ありがとうございます
お手数ですがお帰り前にポチッとしていただけるとうれしいです。

スポンサーサイト

ヤマサ蒲鉾工場見学&しあわせの村

月曜日、小学校の創立記念日で、お休みでした

せっかくの平日のお休みでしたので、久しぶりに工場見学&体験に行って来ましたよ 

行き先は、姫路にある〝ヤマサ蒲鉾工場”です

その前に、〝しあわせの村”で体を動かして来ましたよ 

20135291.jpg

初めて来たけれど、遊具が沢山あって、子供達は大はしゃぎ 

20135292.jpg

広い敷地を、走り回って移動するので、追いかけるのが大変だった~ 

20135293.jpg

〝もう少し遊びたい~!”って子供達は言っていたけれど、ご飯を食べて工場見学へ・・・

20135294.jpg

久しぶりのキャラ弁~ 

20135295.jpg


       ・白菜の豚肉巻き
       ・エビのオリーブオイル焼き
       ・マッシュポテトのサラダ(プチトマト、キュウリ、枝豆)
       ・じゃがいも、茄子とズッキーニのチーズ焼き
       ・カツ
       ・卵焼き
       ・竹輪の梅シソやき
       ・ふりかけご飯


20135296.jpg


       ・くまちゃんのキャラ巻き寿司(醤油ご飯、白ご飯、梅干し、海苔)
       ・くまのお稲荷さん(揚げ、チーズ、海苔)
       ・果物(苺、キウイ、パイン)


                   以上




さてさて、次はヤマサ工場ですよ~ 

まずは、作り方のビデオを見て、エプロンと帽子を被ります

〝ちびまる子ちゃん”で、こんな髪型の子居たような・・・ 

20135297.jpg


最初に、お魚のすり身を、よ~くこねますよ~ 
(ここで滑らかにすると、綺麗に仕上がるようです)

20135298.jpg

それを蒲鉾板に付けて・・・

201352910.jpg

形を整えます

20135299.jpg

可愛くデコレーションもさせてもらいました 

201352911.jpg

出来上がり~

201352912.jpg

右の一番上が、教えて下さった方が作られた蒲鉾

さすがにお上手です~ 

その下が長男 、次女 、 

三人とも、何故か名前をデコ 

そして、蒲鉾を蒸している間に、今度は竹輪を作ります 


蒲鉾と同じように、お魚のすり身を良~くねって、四角い枠に詰めます

201352913.jpg

 「右効きの方は左下に、左利きの方は右下に枠をセットして下さい!」

左利きの次女と右効きの長男・・・ち、近い 

201352914.jpg

竹輪の棒に、すり身をクルクルと巻きつけていくのですが、これが難しいそう~

201352916.jpg

お姉ちゃんは、さすが~   上手でびっくりした 

201352915.jpg

早速、焼きますよ~

201352917.jpg

竹輪が爆発しないように、剣山のようなもので、叩いていました

この〝剣山のようなもの”は、板に釘を打ちつけた、手作りでしたけど 

欠席された方がいらっしゃったようで、余ったすり身で竹輪を作って下さり、特別に焼きたてを頂きました~ 

もうね~、これが本当に美味しくて美味しくて・・・

竹輪があまり好きでない長男も、バクバク食べていたからね~ 


その後、蒲鉾工場の見学をさせていただきました

熱心にメモを取りながら、工場内を見て回るお姉ちゃん、さすがね~

途中、ハプニングがあったようで、竹輪が大量に機械に詰まり、慌てるおばちゃん

201352918.jpg

頑張れ~   


帰りに〝足湯”も初体験~ 

201352919.jpg

お土産に、〝ヤマサ”のキャラクター〝さっちゃん”のまな板を貰いましたよ 

201352920.jpg

今回の竹輪と蒲鉾作り、ホントに楽しい経験になりました 

201352921.jpg

 「竹輪、こんなんして作るって知らんかったわ~!」

感動しっ放しのお姉ちゃん  

201352922.jpg

もちろん、夕食でぜ~んぶ、美味しく頂きましたよ~ 

身がプリプリしていて、とっても美味しかったです 



ご訪問ありがとうございます
お手数ですがお帰り前にポチッとしていただけるとうれしいです。


堺コンペイトウミュージアム

今日は、最近 幼稚園のおやつで出される「こんぺいとう」が大好きな長男の為に、
堺にある、「コンペイトウミュージアム」へ行って来ました 

お姉ちゃんは、八尾の「コンペイトウミュージアム」へ行った事があるので2回目です 

SBSH0301.jpg

右の窯が、実際に工場でコンペイトウを作る時に使われている物です 

SBSH0302.jpg

初めに、「コンペイトウについて」のビデオを見て、コンペイトウの作り方や、コンペイトウの角はどうやって作られるのか等を学びます 

 「ママ、コンペイトウって作るのに15日かかるって言うてるのに、何で今日作れるん?」と次女。
 「15日までのは作っておいてくれてるねん」

そう言ったら納得してましたが、説明は聞いていないと思っていたのでちょっと驚いた私です 

体験では、最終仕上げの「色つけ」と「味つけ」のみ
意外に濃い色を付けるのですね 
SBSH0305.jpg

色の付いた蜜をかけて・・・
SBSH0306.jpg

全体に行きわたるように混ぜます 
(携帯カメラなので、画像がブレてます)
SBSH0309.jpg

ちなみに味付けは香料のみで、実は味は付いていないんですって 
臭覚による錯覚ってこと 

その後は、色んな味のコンペイトウを味見したり、ビデオでコンペイトウの歴史について学びました(子供達には難しかったかな)

「松茸」「塩」「コーヒー」「ワイン」など、変わったものが沢山出ているのですね~ 


「カラメル」の実演も見せていただきましたよ 
SBSH0321.jpg

魔法の粉(重層)を入れたら膨らんでいくのを見て、子供達びっくり 

SBSH0322.jpg

織田信長が口にしたとされるコンペイトウを再現したもの
SBSH0325.jpg

南蛮人からコンペイトウと共に伝わった「火縄銃」
SBSH0327.jpg

えっと・・・なぜ刀が出てきたのか、聞いてませんでした 
SBSH0328.jpg

ちなみに、「怖いから」と触らなかった平和主義のお姉ちゃんです 

お土産に、自分たちで作った「マイ・コンペイトウ」と・・・
SBSH0330.jpg

修了証を頂きました(カードサイズ)
SBSH0331.jpg

今回初めて体験した長男は、大好きなコンペイトウを沢山食べる事が出来て 大満足 
次女は、だんだん大きくしていくコンペイトウの作り方にびっくり 
4年前に経験済みだったお姉ちゃんは、年齢が上がった分、さらに深く知る事が出来て、楽しかったようです 


ちなみに、堺工場ではコンペイトウを作っておらず、八尾工場で作ったものを梱包する作業だそうで、工場見学はありませんでした



ここからは、以前、八尾工場へ見学へ行った時のものです 

工場内を見学(3月なのに暑くて、物凄~く甘い香りがしてました)
2007.03.29 (12)

砂糖の原料である「さとうきび」をかじらせてもらいましたよ
(一同、「まずい~!!」って・・・
2007.03.29 (14)

コンペイトウ博士から、コンペイトウについて学びました 
(内容よりも、博士が気になって話を聞いていない子供達)


南蛮人による、「コンペイトウの歴史」の紙芝居 
(同じ人ー社長ー)
2007.03.29 (16)

南蛮人から修了証授与 
2007.03.29 (21)

SBSH0332.jpg


南蛮人扮する社長さんは、凄~く気さくな方で・・・ 
2007.03.29 (25)

子供達は大喜びでしたよ 
2007.03.29 (27)

幼稚園くらいの頃は、工場見学と言っても「体験型」じゃないとつまらないようですが、小学生になると見学でも十分楽しめるようになるみたい 

子供たちが興味を持ってる間に、また色々と行きたいと思っています 



ご訪問ありがとうございます
お手数ですがお帰り前にポチッとしていただけるとうれしいです。

そうめん作り体験

先日、「三輪そ~めん や・ま・も・と」でお馴染みの「三輪そうめん山本・麺ゆう館」へ、素麺作りの体験へ行って来ました

うどんや蕎麦は家で作れても、素麺は、なかなか作れるものではありません
子供が興味を持ったら、すぐ行動これが私の子育てのモットーです


まずは昔ながらの製造方法を、ビデオにてお勉強
子供たちは、真剣に見つつ、「いったい今から何をするんだ」って感じでしたが、体験は 麺を伸ばすところのみ


一本の麺を、8の字型に巻きつけた50センチ程の棒を、ひたすら伸ばしていきます
2010.03.07 (8)

2010.03.07 (9)


出来上がり
2010.03.07 (14)

本来なら、これを1~2年寝かせるそうですが、体験では、このまま生麺で持ち帰ります

消しゴムまで頂きました

帰りに奈良公園で鹿とたわむれて・・・
2010.03.07 (20)


早速おうちでいただきました
CIMG4155a.jpg
お姉ちゃんが張り切って作っていた看板どおり
CIMG4158a.jpg
本当に、と~っても美味しい素麺でした



  「麺ゆう館」そうめん作り体験   <要・予約>
     料金    一人600円
     所要時間  約2時間
                  
        *自分で作った麺を持ち帰れます(3~4人前)
        *10月~3月の期間限定です! お早めに!
プロフィール

nonkichiママ

Author:nonkichiママ
大阪府在住。A型
田舎育ちなので人混みは苦手
山・川・海が大好き
長女(中3)、次女(中1)、長男(小5)のママです。
少しずつ親離れしていく子供達。
今しかない子供たちとの時間を大切に、日々過ごせたら嬉しいな♪
よろしくお願いします。

FC2カウンター

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック