nonkichiママのお弁当日記

子供達との時間を綴っています

アルバムを広げてみる

昨晩、長男が言いました。

 「絵本読んで」


子供たちが小さい頃は、毎晩19時~19時半が、絵本の時間で、

一人一冊選んで来たものを読んでいました。

選んだ子の本を読む時は、その絵本を選んだ子が、私のお膝に座り、あとの2人は両端に座る、、、

これが、絵本の時間のスタイルでした。

思い出すと懐かしい(笑)

長男が持ってきた絵本は、小さい時にお気に入りだった絵本や、

お誕生日にプレゼントしたもの。

当時を思い出すと、なんだか温かい気持ちになりました。

長男は、何を思いながら絵本を持って来て、

何を思いながら今、聞いているのかなぁ?なんて思いながら、絵本の時間を楽しみました。

きっとそれを聞いたら、怒るしね(笑)



そんな長男、四年生に上がったころから、年に数回、絵本を読んで欲しいと言うようになりました。

長男10才(もうすぐ11才)、いわゆる"ギャングエイジ”と言われる年代。

このあいだも、"○○の好きな子、教えてもらったねん。ママには秘密やけど!”なんて言っていました。

私には言わないけど、お姉ちゃん達には話す秘密もあって、ちょっと寂しい時もあるんです(笑)

子供の成長(特に男子!)は、嬉しいけど、複雑だわ~(笑)


我が家では、あまり写真を飾らないのですが、子供たちの節目に、それぞれのアルバムをプレゼントしています。

そう、自分が主役のアルバムを。

卒園、10才、卒業・・・

そのアルバムも、時々部屋にこもって見ているみたい。

何となく、見たくなると。

私自身は、子供の頃にアルバムを広げて見ることは、そんなに無かったけれど、

大人になってから、自分のルーツと言うか、祖先の歩んだ道と言うか、そういうものが気になったことがあります。

だから、沖縄にも上手く言えないけれど、特別な感情があるように思います。

いつか子供達を連れて、子供たちの会ったことのない、

私のお祖父ちゃんおばあちゃん、パパのお祖父ちゃんおばあちゃんのルーツを辿れたらいいなぁ・・・



話しは跳びますが、一昨日の突然の暴風雨、凄かった!!

全然前兆なんて無かったのに、びっくりしました。

朝、起きてみたら、せっかく大きく育っていたトマトが折れていて・・・

残ったのは一つだけ。

2017060301.jpg

それを聞いた子供たちの残念そうな顔。

もう、実がなってたもんね。

プランターが寂しいので、次女が育てていたプチトマト、を隣に植え替えました。

最後まで、育ちますように、、、(*^^*)
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

nonkichiママ

Author:nonkichiママ
大阪府在住。A型
田舎育ちなので人混みは苦手
山・川・海が大好き
長女(中3)、次女(中1)、長男(小5)のママです。
少しずつ親離れしていく子供達。
今しかない子供たちとの時間を大切に、日々過ごせたら嬉しいな♪
よろしくお願いします。

FC2カウンター

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック